選手レポート 女子-220 小柳茉生(新潟)

所属・氏名
小柳茉生 新潟支部

今大会の結果
1回戦ツクバ・ウン選手
効果優勢勝ち
2回戦ダリーナ・イワノワ選手
反則3で効果優勢勝ち
3回戦クリスチナ・サンドルキナ選手
判定負け

1.練習について
大会に臨むにあたり、どのような練習を行いましたか?
・今大会に向けて投げ技の強化
その練習はどのように生かされましたか?
・相手に投げられそうになってもそれを返すことができました。
その練習方法についての反省・改善点はありますか?
・もう少しスパーリングの中でやればよかったかなと思いました。

2.試合結果について
試合の結果について、どのように分析しますか?試合ごとに記入をお願いします。
・1回戦 緊張で体が硬くなってしまい自分の技がでなかったのでもう少し技を出せたかなと思います。
・2回戦 もっと色んなコンビネーションを使って試合できていればポイント取れたなと思いました。
・3回戦 パンチを止める前蹴りをもう少し出せれば良かったと思います。

3.今後の課題について(選手として今後の目標、または指導者として後進へ何を伝えていくか)
・今後の課題としてパンチと蹴りのコンビネーションを強化して色んな相手と戦えるようになりたいです。

4.来年以降の海外遠征(試合・セミナー)に参加したいと思いますか?またその理由もご回答ねがいます。
・海外遠征があれば参加したいと思います。色んな選手と戦ってみたいからです。

5.世界大会そのものについてのご感想・要望・提案などをご記載ください。
色んな国の選手がいて大変だったと思いますが塾長、事務局長はじめとする大会関係者の方々ありがとうございました。世界の舞台で日本代表として戦えたことを誇りに思います。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です