世界選手権 海外の出場者確定!

世界選手権 海外の出場者確定!

12月1(土)~2日(日)に、愛知県立体育館(愛知県名古屋市)において開催される第5回空道世界選手権大会(主催:国際空道連盟)。男女合わせて8つのカテゴリー(階級)でトーナメントを争うこの世界選手権、大会を9日後に控え、各階級の出場者リストが公開された。以下、優勝候補の海外選手に限り、紹介する。

 

-230

コリャン・エドガー(写真・ロシア):世界選手権2005年&2009年優勝 2014年準優勝

ルスタン・ヤーマノフ(カザフスタン):2017ワールドカップで目黒にハイキックを決めて勝利

ウラジミル・ミロシニコフ:全ロシア大会2回優勝。新しいロシアの顔

 

-240

ラウリ・ツタラウリ(写真・ジョージア):MMA大会「M-1グローバル」で闘うプロファイターであり、MMAとキックボクシング双方でグルジア王者

ゲガム・マナヴァシアン(ロシア):2014年世界選手権優勝

アンドレイ・グリシン(ロシア):2014年世界選手権準優勝

ニコラス・ヌニェ(チリ):2014年世界選手権で、全日本王者・田中俊輔から効果ポイントを奪い、ベスト4進出。

ロナルド・J・バルガス (コロンビア):カポエイラ戦士であり2017年ワールドカップ3位

 

-250

ペルミン・イゴリ(写真・ロシア):前回世界選手権では準決勝で清水亮汰の下がりながらのハイキックに敗れたものの、2017年空道ワールドカップ優勝、「巌流島」にも出場し、日本MMA界のトップ選手・菊野克紀をおおいに苦しめた

アレクサンダー・ストレチェンコ (ウクライナ):前々回大会で笹沢一有、前回大会で勝直光と、全日本王者を破り、2大会連続でベスト4入り

アマンジョル・ハイサ(カザフスタン):今年、コンバットサンボと空道双方のカザフスタン大会で優勝

 

-260

ハリエフ・アダム(写真・ロシア):世界選手権のみならずワールドカップも連覇(2011、2017)、プロMMAの大会“League S-70”で6戦6勝(2KO、2タップアウト、2判定)を収め、UFCとも契約している(2014年に試合が組まれたが、結果的に負傷により実現せず)

ドミトロ・ハバ(ウクライナ):2017年ワールドカップ準決勝で加藤和徳を撃破。

ロドリゴ・ヴァルガラ(チリ):ブラジリアン柔術黒帯の寝技師

キム・ギヒュ(韓国):アジア選手権優勝歴を持つプロMMAファイター

シルカン・イスマイロフ(アゼルバイジャン):前回世界選手権-270クラス3位で階級を下げて出場

 

-270

コンスタンティン・カラウニク(ロシア):世界選手権2014年優勝

バイラム・ゴザレフ(アゼルバイジャン):昨年のアジア選手権で岩﨑大河から一本勝ちを奪って優勝

ダブラット・ボルタエフ(タジキスタン):カラウニクが3位、ゴザレフが準優勝となった2017年ワールドカップの優勝者

 

+270

マラット・アリアスハボフ(ロシア):レスリングとサンボのスポーツマスター(ロシアにおいてスポーツ従事者に贈られる国家的な権威)であり、2017年ワールドカップでは野村幸汰からパンチで効果を奪って優勝、コンバットサンボ、レスリング、柔道の大会でも多くの優勝経験を持つ

セルゲイ・ミナコフ(ロシア):少年期にテコンドーを経験した後、空道をはじめ21歳にして空道歴は11年、今年のロシアカップを制し、代表入りを決めた新鋭

 

女子-215

クリスチナ・サンドルキナ(ロシア):2018年の全露大会優勝の他、ロシア国内の空道大会を総ナメにしている存在

アナスタシア・モシキナ(ロシア):20歳にして空道歴12年、フィジカルに加え、日本人同様のテクニックを兼ね備えている

 

女子+215

アレクサンドラ・サビチエバ(ロシア):6歳で空道をはじめ、全露ジュニア大会優勝6回、2014年世界ジュニアでは小柳茉生を下して-225クラス優勝、20歳となって満を持して一般の世界選手権に出場

クリスチナ・スチエパニャン(ロシア):2018全露大会優勝、20歳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です